株式会社竹口組
一級建築士事務所

北海道北見市の一級建築士事務所 株式会社竹口組。
マイホームの夢を実現するお手伝いをしています。

0157-23-6438

  • メールでのお問い合わせはこちらから

長期優良住宅

長期優良住宅

長期優良住宅

長期優良住宅

「いいものをつくって長く使う」

日本では、取り壊される住宅の平均築後経過年数は約30年と、イギリスの約77年、アメリカの約55年に比べると短くなっています。
つくっては壊すという家づくりでは、資源やエネルギーさらにはお金の無駄遣いに繋がり暮らしのゆとりが少なくしてしまいます。このような観点から、住宅を長く使用することが重要と考えられるようになってきています。
このため、平成21年6月に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行され、長く住み続けられる住宅=「長期優良住宅」を地方公共団体が認定するという制度が開始されました。

「認定基準」

長期優良住宅として認められるには、「認定基準」を満たす必要があります。
下にもありますように、劣化対策・省エネ・耐震性・維持管理、更新の容易性・住戸の面積・居住環境・維持保全計画などの項目をすべてクリアすることによって、長期優良住宅を建てることができます。

長期優良住宅のメリット

最大で工事費の10%の補助金を受けられます。
(上限:100万円~120万円)住宅ローン減税などのほかにも
「登録免許税」「不動産取得税」「固定資産税」の3税の負担も軽減されます。

住宅性能の向上…「耐震性」「断熱性」「耐久性」などが上がり、住みやすい家に繋がっていきます。

住宅ローンを使用せず、自己資金で長期優良住宅を建てられる場合でも減税を
受けられるよう「投資型減税措置」という特例措置が設けられています。

平成23年度の長期優良住宅と一般住宅の
  総減税額比較

年間収入別にシュミレーションしてみると、夫婦と子供2人の家族では、少なくとも年収700万円を上回る世帯から 効果が出てくることが分かります。一方、共働き夫婦などは所得税が高いため、控除率上乗せのメリットが大きくなります。

企業情報

企業情報

  • 会社概要
  • アクセス
  • お問い合わせ