PASSIVE

パッシブ換気とは、機械を必要とせず、自然の空気の流れを利用した「計画自然換気システム」のことです。
一般的なアクティブ換気=機械換気(能動的)に対して、パッシブ=自然換気(受動的)という意味で用いられています。
設計・施工ともに緻密な技術が求められるため、必然的に「パッシブ換気」の家は「超」がつくほど高断熱・高気密の住宅になります。

パッシブ換気
MACHINE AND PASSIVE
機械換気とパッシブ換気

機械換気
空気の通り道が均一ではなく、空気のよどみができやすくなります。汚染物質も部屋の隅などに滞留しがちなため、アトピーやアレルギーの悪化の心配も。

パッシブ換気
下から上へ全体的な空気の流れができるため、空気のよどみが出来にくくなります。汚染物質も一緒に排出されるため、家の中に新鮮な空気が保たれます。

MECHANISM
パッシブ換気の仕組み
1
まず、屋外から基礎につながった管(アースチューブ)から、外の新鮮な空気を床下に吸気します。
※床下の吸気口は、外気温度が下がると自動的に適度に閉まり、換気量を調整します。
パッシブ換気の仕組み1
ライン
2
床下に設置された暖房機により、吸気した空気が温められます。各部屋にある空気の通り道(床ガラリ)から暖かい空気が室内へ上昇し、部屋全体をゆったりと暖めます。
パッシブ換気の仕組み2
ライン
3
室内の汚れた空気は、天井の排気口に向かい排出されます。排気口は室内の湿度により自動開閉し換気量を調整する仕組みを持っています。 排出されずに冷えた空気は、そのまま下降し、再び新しい空気と共に上昇します。
パッシブ換気の仕組み3
パッシブ換気の仕組み4
この空気の流れを繰り返すことで、循環換気が行われます。換気量は吸気口・排気口で調整されるため、換気の大幅な増減はなく、一年中、快適で健康的な室内環境を実現することが出来ます。
ADVANTAGE
パッシブ換気のメリット

パッシブ換気のメリット1

メンテナンス・騒音の軽減

機械を使わないため、換気扇のお掃除やメンテナンスの手間が極めて少なくなります。換気扇使用時の騒音もありません。

パッシブ換気のメリット2

24時間換気クリア

長期間、家を留守にする場合でも自然に換気されているため、帰宅後も新鮮な空気で過ごすことが出来ます。

パッシブ換気のメリット3

光燃費の削減

電気を使わず、必要なだけの換気を行うので、電気代の節約ができます。

パッシブ換気のメリット4

家の耐久性が向上

床下が常に乾燥している状態になるため、木造住宅の最大の欠点である土台の腐朽の恐れが少なく、家を長持ちさせます。

竹口組とパッシブ換気

パッシブ換気の住宅は、どの工務店でも施工できるわけではなく、オホーツク管内では竹口組のみが建てることができます。パッシブ換気は、暖房を使う冬場に特にそのメリットを発揮します。寒さの厳しいオホーツクで、快適な住まいの実現をお手伝いいたします。

詳しくは、竹口組までお問い合わせ下さい。