PERFORMANCE

寒暖の差が激しいオホーツクでも、一年中快適に。

気候の厳しいオホーツク地方でも快適に健康に暮らしていくために、竹口組では住宅の断熱性・気密性にこだわっています。 どんなにしっかり冷暖房を効かせても家の隙間から出ていったり、外の暑さ・寒さを取り込んでしまっては効率が悪く、その分の光熱費もかさんでしまいます。そこで重要になるのが断熱性と気密性です。

MECHANISM OF DOUBLE STRUCTURE
「二重構造」の仕組み

竹口組の在来(軸組)工法では、住宅の外側と内側の両方からしっかりと断熱を施す「二重断熱構造」が標準仕様。建物の基礎から屋根裏まで断熱材ですっぽりと包み込み、家の中を適切な温度に保ちます。

二重構造
外側の断熱

湿気に強く、断熱性能の高いウレタンパネルを外貼りします。外壁との間には通気層をつくり、壁の中に湿気がたまってしまわないようにします。

内側の断熱

内側には高性能のグラスウールを施工。湿気が侵入しないように防湿フィルムを張り、隙間はしっかりとふさぎます。

基礎の断熱

基礎には全面に断熱材「スタイロフォーム」を施工。床下までしっかりと断熱します。

SUPER WALL
ウレタンパネル工法「LIXILスーパーウォール工法」

2×6工法と在来軸組工法の両方に対応できるウレタンパネル工法「LIXILスーパーウォール工法」でも、施工ができます。

スーパーウォール工法
スーパーウォール工法は、壁全体で建物を支えるために安全・安心のさまざまな災害にも耐え抜いた実績が残っている、信頼の工法です。

さらに、外側付加断熱「スーパーウォールDUAL」で断熱材を付け加えることで、断熱性能・気密性能はさらに上昇します。
PASSIVE DESIGN
気密性と自然のちからを利用する「パッシブ設計」

窓の位置や日射しによって遮光・採風をコントロールする自然の力を最大限に活用したつくりを、パッシブ設計といいます。さらに竹口組では、床下暖房+空気の浮力を利用したパッシブ換気システムを採用しています。

風の通りや空気の力を取り入れて快適に暮らしていくためには、余計な隙間風などに空気の流れを邪魔されないために建物の気密性が重要になります。 竹口組の住宅の相当隙間面積(床面積1㎡にたいして、隙間がどれくらいあるかを表した値)は、最低限でも0.5㎠/㎡。日本の寒冷地の省エネ基準である2.0㎠/㎡を大きく下回っています。

詳しくは、竹口組までお問い合わせ下さい。