LONG-TERM SUPERIOR HOUSING
長期優良住宅

日本の住宅は、建ててから壊されるまで平均でわずか30年といわれています。
つくっては壊すを繰り返していては、資源・エネルギー・お金の無駄遣いに繋がります。国では建てた住宅を、安全・快適に長く使用していくことが重要とし、平成21年6月より「長期優良住宅認定制度」を施行しました。

耐久性や安全性・手入れのしやすさなど、長く快適に暮らせるように計画され、国の基準を満たすとして所管行政庁から認定を受けた住宅、それが「長期優良住宅」です。

長期優良住宅

長期優良住宅の申請・認定の流れ

長期優良住宅として設計
技術的審査を登録住宅性能評価機関に依頼

第三者機関に設計内容の審査を依頼します。

適合証の交付

長期優良住宅として、適合証が届きます。

所管行政庁への認定申請

さらに、所管行政庁へ長期優良住宅の申請をします。

行政所官庁からの認定

長期優良住宅の認定を受けます。

工事着工~完了

認定を受けてから着工します。

維持管理・点検・修繕

申請の際の維持管理計画に基づき、維持管理・点検などを行います。点検の記録は保管されます。

CERTIFICATION CRITERIA
認定基準

一戸建ての住宅の場合、長期優良住宅の認定基準は、主に7つあります。

省エネルギー性

断熱性能は
しっかりしているか?

  • 断熱等性能等級が4であること。
劣化対策

数世代にわたって
使える構造か?

  • 劣化対策等級(構造躯体等)等級3かつ、構造の種類に応じた基準に適合すること。木造住宅の場合は、床下空間の有効高さ確保及び床下・小屋裏の点検口設置 など。
居住環境

地域の街並みに
合っているか?

  • 地区計画、景観計画等、条例によるまちなみの等の計画、建築協定、景観協定等の区域内にある場合は、これらの内容と調和を図る。(申請先の所管行政庁に確認が必要)
耐震性

地震に耐えられるか?

  • 耐震等級(倒壊等防止)等級2。
  • または、耐震等級(倒壊等防止)等級1かつ安全限界時の層間変形を1/100(木造の場合1/40)以下。
  • または、品確法に定める免振建築物であること。
住戸面積

住みやすい広さは
確保されているか?

  • 一戸建て住宅の場合、75㎡以上あること。
  • 一階の床面積が、階段部分を除いて少なくとも40㎡以上あること。
  • 地域の実情を勘案して行政所官庁が別に定める場合は、その面積要件を満たすこと。
維持管理・更新の容易性

点検・メンテナンスは
しやすいか?

  • 専用配管の維持管理対策等級3であること。
維持管理計画

点検やメンテナンスの
計画はされているか?

  • 住宅の構造耐力上主要な部分・住宅の雨水の侵入を防止する部分・住宅に設ける給水または排水のための設備について、定期的な点検・補修等に関する計画を策定すること。
認定基準
ADVANTAGE
長期優良住宅のメリット
第三者機関による審査・技術的評価があり、安心。
住宅ローンの控除、減税など、金銭面での優遇があります。
もし、住宅を手放すことになっても、長期優良住宅の認定があれば資産価値が高くなります。

竹口組の「長期優良住宅」実績

長期優良時住宅の設計や申請・施工には、手間や時間がかかることもあります。
しかし、お客様が安心して長く暮らせる住まいのために、竹口組では長期優良住宅仕様をおすすめしています。過去5年間の中で竹口組が施工した新築住宅では、5割以上が長期優良住宅の認定を受けています。
申請から施工・メンテナンスまで、「長期優良住宅」はぜひ、竹口組にお任せください。

詳しくは、竹口組までお問い合わせ下さい。